【記事公開日】2015/06/16

【最終更新日】2017/10/19

テーマ: スタッフが実際に試してみた / 選び方・アドバイス

『夏』にオススメ!布団カバー・シーツ

蒸し暑くなかなか寝つけない…。ダラダラと汗をかいて寝起きがダルい…。そんな『夏』にオススメな布団カバー・シーツを選んでみました!

こんにちは!店長の秀浦です(^^)

過ごしやすかった春の気候から、だんだん気温が上昇し、やってきました夏の夜…。

蒸し暑くなかなか寝つけない……、ダラダラと汗をかいて寝起きがダルい……。

そんな『夏』にオススメなカバーリングを選んでみました。

寝苦しい夜を少しでも改善するために、素材の特性や睡眠の観点、スタッフの使用体験なども交え、オススメをピックアップしております!

快眠の為の”肌”布団カバー選び』にて、肌掛け布団用のカバーリングも特集しています。併せてご参考下さい。

四季の分け方には暦などがありますが、気象庁では四季を下のように区分しているそうです。個人的にはこの分け方が体感温度的に現実の季節感としっくりくるので、この区分けで説明したいと思います。

春:3月~5月夏:6月~8月秋:9月~11月冬:12月~2月

選んでみました!

まず夏オススメのカバーを選ぶにあたり、以下の項目を考慮しました。

掛け布団カバーの場合

  1. 湿気をたくさん吸う『吸湿性』
  2. 熱や湿気がこもりにくい『通気性』
  3. 開放感のある『軽さ』

敷布団カバー・シーツの場合

  1. 湿気をたくさん吸う『吸湿性』
  2. 熱や湿気がこもりにくい『通気性』
  3. 汗が乾きやすい『速乾・透湿・放湿性』

ということで、選んだのは以下のカバーです!

カバー名 オススメカバータイプ
掛け布団カバー 敷布団カバー・BOXシーツ
京はんなリネン
シルクダブルガーゼ
40フランスリネン
吸水速乾メッシュ

…イチオシ!、○…オススメ

 

では、以下に理由を説明していきます(^^)

各カバーにはオススメのカバータイプに応じ以下の画像を表示しています。例えば『掛』画像だけであれば掛け布団カバーのみオススメ、『掛敷』両方表示があれば両方オススメとなります。

夏にも便利!『敷きシーツ・タイプ』

夏オススメのシーツ(敷布団・マットレス用)として、『敷きシーツ』というシーツタイプがあります。いわゆる”敷きパッド”のように、四隅のゴムで付け外しができ、お洗濯もしやすい(乾きも早い)便利な1枚です。素材にも『麻やメッシュ』をご用意しており、手軽に夏素材をプラスできます。チェックしてみて下さい!(敷きシーツについてはこちら

軽くて熱や湿気もこもりにくい『京はんなリネン』

京はんなリネン』は、フランス産リネン麻100%のカバーです。

麻と言えば、夏に嬉しい清涼感素材。

でも、肌触りが硬め、重いという特徴もあります。。。

そこで本品は、糸を細くする(60番手の糸)ことで、そのデメリットを改善!

麻100%でありながら柔らかで軽いという使い心地を実現しています。

カバー名 【オーダーメイド対応】京はんなリネン
素材 フランス産リネン麻100%(60番手)

まず優れているのが、汗をかいても熱と湿気がこもりにくいという点。

通気性もよいですね。

まるで、密着しやすい背中などの熱を奪い取ってくれるような感じがするので、暑がりな私(店長)にもピッタリだと感じました(^^)

軽いから『掛け布団カバー』に最適

そして、特にオススメなのが『掛け布団カバー』

なぜかというと、軽いからです。実は、麻100%は重いものが多く、このように軽いカバーは少ない意外と少ないんです。

麻のサッパリ感に加え、このエアリーな軽さがより涼しく感じさせてくれますね!

夏の肌掛け(薄掛け)用にもオススメです。

『シルクダブルガーゼ』

人気のダブルガーゼを、高級繊維の代名詞ともいえる『シルク100%』で仕上げたのが『シルクダブルガーゼ』です。

蒸れにくく、肌触りも柔らかで滑らか。。。

麻とはまたテイストの違う”心地良さ”を味わえます(^^)

カバー名 【オーダーメイド対応】シルクダブルガーゼ
素材 シルク100%

夏にも適したシルク

シルクに夏というイメージは無いかもしれませんが、吸湿・吸水性に加え発散性にも優れるシルクは、麻と同じくらい蒸れに素材なんです。

つまり、夏にもバッチリということです。

蒸れにくさと肌触りの良さを両立

麻は蒸れにくいですが、柔らかいものでもどこか硬さがあります。

綿は柔らかいですが、麻やシルクに比べ蒸れやすいです。

本品は蒸れにくく、しかも肌触りの良さはバツグンです。

この2つを高いレベルで両立できているカバーは、意外と少ないと言えます。

また、シルクと言えばスベスベなサテン生地が多いですが、本品はダブルガーゼ生地。

滑らかながらも綿に近いような肌触りは、ともて親しみやすく使いやすいと思います。

ガーゼということで通気性もよく、より蒸れにくい使い心地に仕上がっています。

心地いいヒンヤリ感!『40フランスリネン』

この『40フランスリネン100%』も名前の通り、フランス産リネン麻100%のカバーです。

肌触りが柔らかなフランス産リネン麻を使用しているので、クセの少ないスタンダードな麻カバーです。

カバー名 【オーダーメイド対応】40フランスリネン100%
素材 フランス産リネン麻100%(40番手)

本品はオールシーズンを通して人気ですが、やはり麻100%ということで、夏にこそ使いたい1枚と言えます(^^)

暑くて寝苦しい夜には、そのポテンシャルを存分に発揮してくれると思います。

ヒンヤリ感が気持ちいい

麻ならではのサッパリ感はもちろん、触るとヒンヤリする『接触冷感性』が高く、単純に心地いいですね!

私(店長)と私の家族も愛用していますが、特に子供達も気が入って使っています

ちなみに、私(店長)は同じ寝室で寝ている家族全員の寝具カバーをフランスリネンで揃えていて、扇風機との併用もありますが、寝室全体が”カラッ”とする印象です(^^)

乾きが速く、天然の抗菌・防臭性あり

もちろんフランスリネンにも、麻の特徴である『乾きが速い、天然の抗菌・防臭性』を持ち合わせています。

梅雨時にも嬉しいですね!

敷き用にオススメ

ただ、掛け布団カバーとしては生地が重く少し暑くるしく感じられたため、オススメはしませんでした。(ここが京はんなリネンとの差と言えます。)

重さの影響を受けない敷き布団カバー・ボックスシーツにはオススメの1枚です!

『吸水速乾メッシュ』

ハニカム(六角形)構造のメッシュ生地が、かいた汗をサッと吸い取りサッと発散!

いかにも夏向きなルックスを感じさせるのが、この『吸水速乾メッシュ』です。

カバー名 【オーダーメイド対応】吸水速乾メッシュ
素材 ポリエステル100%(テイジン社ソレルアップ使用)

本品のメッシュ生地は、特殊な樹脂加工を施したテイジンの『SOREL UP(ソレルアップ)』というハイテク素材を使用しています。

表地はハニカム(6角形)構造のメッシュ生地、裏地は起毛の二層構造になっていますが、その二層が一体構造なので取扱いがしやすく、かさばりません。

意外と”しなやか”

元々スポーツウェア用に開発され、肌触りはザラっとした印象ですが、ゴワつくようなことはなく、意外と”しなやか”です。

通気性が高く熱はこもりにくいが、麻よりは劣る印象

通気性のあるメッシュは、背中に熱がこもりにくいので寝返りが減りそうな寝心地です。

ただ、麻と比べると劣る印象ですね…(^^;

ですので、扇風機との併用で『熱気と湿気を飛ばす』のがオススメです。

ヒンヤリ感は残念ながら、ありません。あくまで高い吸水性と速乾性が特徴です。

商品情報

【オーダーメイド対応】京はんなリネン(60フランスリネン100%)

通常より細い糸(60番手)や加工を加えることでリネン麻100%にも関わらず柔らかで軽い使い心地を実現!

【オーダーメイド対応】フランスリネン100%

上質なフランス産リネン100%(本麻)を使用した柔らかでサラッとした清涼感たっぷりの肌触り!

【オーダーメイド対応】Silk Double Gauze(シルクダブルガーゼ)

シルク100%ならではの上質な肌触りと蒸れにくい使い心地が快適!睡眠の観点から見ても理想の1枚

【オーダーメイド対応】麻混ダブルガーゼ

細く滑らかな高級糸を使う事で、バツグンの柔らかさ&エアリー感のある軽さを実現!麻を加えることでほんのりとしたサッパリ感もあり


人気の記事