【記事公開日】2015/08/11

【最終更新日】2018/07/12

テーマ: スタッフが実際に試してみた

夏キャンプで「寝袋+フラットシーツ」が快適だった

夏キャンプでの寝袋の暑さ対策に麻のフラットシーツを使ってみたら快適だった!

本ページに写真掲載しているラミーリネンは既に販売終了しており、現在は同じ商品名にて仕様の異なる新たなラミーリネン』を販売しております。商品としては別物ですが、ラミー麻とリネン麻を使用し涼感性に優れるなどの特徴は同様です。

季節は夏真っ盛り!

毎日、ひじょ~に暑いですが、でも夏と言えばレジャーです。

実は先日、家族で山へお泊まりキャンプに行ってきました!

日頃の疲れを癒しに大自然での~んびり。。。最高です(^^)

さてさて、皆さんはキャンプで寝る時、『寝袋(シュラフ)』を使いますか?

ただこの寝袋、保温性もしっかりしていたりするので場所にもよりますが、野外でも真夏の夜はけっこう暑く、寝苦しかったりします…。

寝始めは暑くて汗でベタベタ…。

でも朝方は寒いので、一応、寝袋は必要。

でも、やっぱり夜は暑い…(>_<)

ということで、少しでも快適になればと今回、試に持って行ったのが『麻(ラミーリネン)のフラットシーツ』です。

なぜ、麻のフラットシーツなのか

夏の涼感素材である、

今回チョイスしたのは『ラミーリネン』といって、麻の中でも涼感性の高い『ラミー麻』と肌触り柔らかな『リネン麻』を約半分ずつ使用したシーツ。

当店でも人気素材の一つです。

また、フラットシーツとは、いわゆる”1枚布”のシーツです。

ホテルなどでベッドメーキング用に使われることが多く、自宅で使っている方は少ないかもしれませんね。。。

でも、フラットシーツは、

  • 1枚布だからサッと使えて手軽(来客用のシーツに便利)
  • 汚れたらサッと洗えて乾きも早い
  • 小さく畳めてかさばらない
  • 時にはケット代わりにもなる

というように、実はとても使い勝手のいいシーツなんです。

こうやって使いました

寝袋はそのまま入ると暑かったので、広げて敷布団代わりにしました。(今回は『封筒型』の寝袋を使用しました。)

その上に、ラミーリネン・フラットシーツをサッと敷きました。

たったそれだけです。

ちなみに、シーツのサイズはシングルサイズ(150cm×250cm)です。

オーダーシリーズのフラットシーツであれば、サイズオーダーも可能です。

結果は、、、バッチリ快適だった!

結果は、、、バッチリ快適でした!!

もともと持っている寝袋の内生地が微起毛で暑かったのですが、これがシーツによってサッパリした寝心地になりました。

麻素材は、汗や湿気を吸ったり水分の発散性に優れるので、サラッと快適になります。

特にラミーリネンはサッパリ感に優れるので、このような状況にもピッタリと言えます。

洗濯もラク!

またシーツを敷くことで、寝袋をより清潔に使う事ができます。

汚れたシーツは、帰って洗濯機でジャブジャブ洗うだけ! 布1枚なので、乾きも早いです。

こういった点でもフラットシーツは手軽です!

子供達にも好評でした。(子供のほうが暑がり汗かきなんで、むしろ役立ちました。)

写真のように、時にはケット代わりにできるのもイイところです。

小さく畳めてかさばらないので、そんなに荷物にもなりません。

まとめ

ということで、初めてキャンプにフラットシーツを持って行ってみましたが、持って行って正解でした。

今までは、時々家で普通にシーツとして使っていましたが、このように外に持ち出して使ってみるのも便利ですね。

こういう応用力が「フラットシーツならでは」と感じました(^^)

他の素材もあります

他にも、テイストの違う麻(フランスリネン)一般的な綿100%生地(ブロード)タオル地…といった素材もあるので、お好みによって使い分けてもOKです。

ただ本格的なキャンプであれば、防寒をしっかりする必要があると思いますので、今回の使い方は当てはまらないかもしれません…(^^;

一応、レジャー的なキャンプということでご理解いただければと思います。

以上、レポートでした!

商品情報

【オーダーメイド対応】フラットシーツ一覧

フラットシーツの商品一覧です。


人気の記事