【記事公開日】2015/04/14

【最終更新日】2015/04/17

テーマ: スタッフが実際に試してみた / ビフォー・アフター

(その2)ダブルガーゼの枕カバーを1年半使って洗濯259回してみた結果

「柔らかさはダウンしてきたけど、しっかりした縫製に品質の高さを感じました!」

前回『ダブルガーゼの枕カバーを半年使って洗濯100回してみた結果(その1)』から早1年。。。

今回はその第二弾として『2015年4月現在の状態』をレポートしてみたいと思います!

使い始めからトータル約1年半が経過し、ダブルガーゼ枕カバーは更にどのように変化していったのでしょうか?

前回を振り返りつつ、今回もチェックしていきたいと思います(^^)

使用状況DATA

使用前

まず、全くの新品状態です。肌触りは柔らかですが、ツルッとした印象で少し味気ない風合いです。

半年使用/洗濯100回

これが前回の『半年使用した時点』です。”クタッ”としたヨレ感のある風合いがイイですね!肌触りも一段と柔らかになっています。

1半年使用/洗濯259回

これがトータル約1半年使用し、洗濯を259回した後の状態です。生地はやや薄くなり、所々毛羽立ちも確認できました。

ブラウンだった色合いも薄くなって、だいぶ使い込まれた感が出てきましたね。。。

毛羽抜けや糸も部分的に細くなり、重量も以下のように軽くなっています。

  • 新品時:90g ⇒ 1半年後:80g

ただ、耐久性は高い生地なので、破けなどの傷みはありません。まだまだ使える丈夫さは感じられました。

※ちなみに枕カバーは洗う頻度が高く、洗濯ネットは面倒なので使っていません。

縫製もしっかり!

今回は、縫製の状態もチェックしてみました。

使用前

1半年使用/洗濯259回

生地の使用感こそ感じられるものの、縫製はしっかりしており”ほつれ”なども見られませんでした。

改めて、日本製(京都)の品質や技術力の高さを感じましたね!

こちらは裏面生地端のロックミシン(白い糸の部分)部分。

糸がほつれて飛び出すことも無く、キレイな状態をキープしていました。

また、そのすぐ右側のステッチも均等でツレ(縫いじわ)なども出ておらず、こちらもキレイな状態を確認できました(^^)

まだ柔らかではあるが、ピークは過ぎた感あり…

では、肌触りをチェックしてみましょう。

使用前

新品時には、少し生地の引っかかりなどを感じることもありました。

半年使用/洗濯100回

やや色落ち感はありますが、ふわっととろける柔らかさに成長!ガーゼは育てる素材と言ったりしますが、それを実感しました。

1半年使用/洗濯259回

肌触りが柔らかく感じられたピークが『洗濯50~100回』の頃で、それ以降は緩やかにダウンしていった印象です。

とは言え、ピークよりは落ちましたが、まだまだ柔らかではあります。

半年時点と比べ、表面が毛羽立っているのがわかります。

毛羽立ちの原因は”摩擦”による影響が大きく、抑えるには洗濯時にネットを使用すると効果的です。

今回は、洗濯ネットを使わず洗っていたため(洗う頻度が高いので面倒だった…笑)、より毛羽立ってしまったのだと思います(^^;

使用前

半年使用/洗濯100回

1半年使用/洗濯259回

ファスナー部分も、まだまだ痛んでくるような事はありませんでした。

『品質の高さ』を感じた!

前回の半年では『肌触りの柔らかさ』が印象に残りましたが、今回は『品質の高さ』が強く印象に残りましたね。

生地や肌触が劣化してきたのは否めませんが、縫製やファースナーなどの作りは、まだまだしっかりしています。

これは『オーダーメイド布団カバーシリーズ』全てに言えることですが、改めてmade in Japanならではの『寧なものづくり』を実感しました!

ということで、いかがだったでしょうか?

今後も経過をみて、またレポートしてみたいと思います。

次回は、いったいどんな風に変化しているでしょうか?

では、お楽しみに(^^)

商品情報

【オーダーメイド対応】DoubleGauze(ダブルガーゼ)枕カバー

汗を良く吸い保温力があるから「夜は暑いけど明け方は肌寒い…」時もしっかりサポート!1年中快適に使える国産ダブルガーゼ枕カバー


人気の記事