【記事公開日】2015/09/28

【最終更新日】2017/02/10

テーマ: スタッフが実際に試してみた / 選び方・アドバイス

『秋』にオススメ!布団カバー・シーツ

やっと涼しくなっと思いきや、まだまだ暑い…と思ったら急に冷え込む寒暖差のある時期。そんな『秋』にオススメな布団カバー・シーツを選んでみました!

こんにちは!店長の秀浦です(^^)

9月に入ると、あんなに暑かった日々もだんだん和らぎ、過ごしやすい季節になります。

とは言え、まだまだ汗ばむ夜があったり、かと思えば急に冷え込んで、薄着で寝ていると風邪をひいてしまうよう日があるなど、春同様、なかなか対応が難しい季節でもあります。

今回は、そんな季節の変わり目『秋』にオススメなカバーリングをご紹介したいと思います。

他の季節同様、素材の特性や睡眠の観点、更に実際に自分で使ってみた体験を交え、オススメをピックアップしてみました!

四季の分け方には暦などがありますが、気象庁では四季を下のように区分しているそうです。個人的にはこの分け方が体感温度的に現実の季節感としっくりくるので、この区分けで説明したいと思います。

春:3月~5月夏:6月~8月秋:9月~11月冬:12月~2月

選んでみました!

まず秋オススメのカバーを選ぶにあたり、以下の項目を考慮しました。

掛け布団カバーの場合

  1. 暖か過ぎない適度な『保温性』
  2. 汗ばむことを考えた『吸汗・吸湿性』
  3. 圧迫感のないほどよい『軽さ』

敷布団カバー・シーツの場合

  1. 暖か過ぎない適度な『保温性』
  2. 汗ばむことを考えた『吸汗・吸湿性』
  3. 吸った汗が乾きやすい『速乾・放湿性』

ということで、選んだのは以下のカバーです!

カバー名 オススメカバータイプ
掛け布団カバー 敷布団カバー・BOXシーツ
ダブルガーゼ
コットンニット
フランスリネン
コットンパフ

では、以下に理由を説明していきます(^^)

各カバーにはオススメのカバータイプに応じ以下の画像を表示しています。例えば『掛』画像だけであれば掛け布団カバーのみオススメ、『掛敷』両方表示があれば両方オススメとなります。

やっぱり『ダブルガーゼ』

春のオススメでも選んでいますが、秋にもやっぱりオススメできるのが『ダブルガーゼ』です。

カバー名 【オーダーメイド対応】ダブルガーゼ
素材 綿100%

秋は春と同じく、朝晩で寒暖差のある季節です。

ダブルガーゼは2層になったガーゼ間に空気を多く含むので、その空気が暖められることで、適度な保温性を実現します。

また、ふわっとしつつも耐久性は高く、綿100%で吸汗性もよいです。

だから時に汗ばむようなシーンでも、肌寒いシーンでも、柔軟に対応できるんですね!

当コーナーの『快眠の為の布団カバー選び』でも”イチオシ”しているカバーリングです。

より肌寒さ優先なら『コットンニット』

ダブルガーゼは万能な1枚ですが、やはり地域や環境、体質によっては『寒い!』と感じる方も多いと思います。

ただ、真冬ではないので、そこまでの保温性はいらない。。。

そのような方には、ダブルガーゼより保温性に優れ、ふっくら暖かな『コットンニット』がオススメです。

カバー名 【オーダーメイド対応】コットンニット
素材 綿100%

春でもオススメしていますが、とっても目の細かなニット素材をつかっており、肌着のような優しい肌触りと暖かさが、とにかく心地よいです。

触った時のヒヤッと感がなく、かといって暖か過ぎないので、秋にはピッタリの1枚だといえます。

ただこれも春と同じですが、コットンニットは摩擦などに弱いので、敷布団カバーやボックスシーツにはダブルガーゼを使用した、

という組合せもオススメです。

まだまだ汗ばむ…という場合は『フランスリネン』

寒いと感じる一方、やはり環境や体質によっては、まだまだ暑いと感じる場合もあるでしょう。

かくいう私(店長)も、その中の一人。。。(^^;

マンション住まいなのですが、10月下旬での夜の室温が『23度前後』くらいあります。

なので、この時期でも子供達や暑がりな自分には、暑かったりします。。。

そこでオススメなのが『フランスリネン』です!

カバー名 【オーダーメイド対応】フランスリネン
素材 フランス産リネン麻100%

麻は汗を吸うのはもちろん、放湿するスピードが早いので、湿気が残らないので爽やかです。

布団に入った時のヒヤッと感も心地よく、でも適度に保温性もあるので、実は意外と秋(春も同様に)でも使えるんです。

ただ、フランスリネンは少し重いのがデメリット。

これから寒さが増してくることを考えると、掛け布団カバーには別素材にし、汗や湿気がたまりやすい敷布団カバーだけフランスリネンにするのがオススメです。

っということで、これも春と同様ですが、

といった組合せがオススメです。

毛布の代わりに『コットンパフ』

秋になると、寒さ対策に『毛布』を併用している方もいるかと思います。

そこで、毛布の代わりにオススメなのが『コットンパフ』という起毛カバーです。

綿100%毛足約4mmの起毛がビッシリの、滑らかあったか~なカバーリングです。

カバー名 【オーダーメイド対応】コットンパフ
素材 綿100%

そして、オススメな使い方が、『肌掛け布団+コットンパフ』の組合せです。

秋はまだ真冬ほど寒くないので、肌掛け布団のような薄手の掛け布団で保温力を調整すると良いでしょう。

起毛カバーは「真冬だけ使う」という方も多いかもしれませんが、このような使いかたも便利です。

 

カバーであれば、毛布のように『寝ながら蹴っ飛ばしてズレる…』という心配もありませんし、冬に入ってもっと寒くなれば、そのまま厚手の羽毛布団に付け替え、引き続き使えます。

また、コットンパフ掛け布団カバーは、『片面がダブルガーゼ』生地になっています。

起毛素材は”重い”ので、軽くするための意味もありますが、暑さ寒さに応じて使い分けできるのは、なかなか便利です(^^)

ちなみに、コットンパフの敷き布団カバー(又はボックスシーツ)は、秋にはまだ早い(暑い)と判断し、含めませんでした。

保温性を確保しつつ、汗ばむ暑さと肌寒さを攻略!

ということで、『秋オススメの布団カバー・シーツ』のオススメ・アドバイスでした!

”季節の変わり目”ということで、と同じようなチョイスとなってしまうのは、致し方ないところですね…(^^;

ただ秋は春の反対で、『暑い ⇒ 寒い』と変化していきます。

今まで暑くて薄着をしていると、急な冷え込みで体調を崩しやすい季節です。

保温性もしっかり確保し、まだ残る汗ばむ暑さと肌寒さを、うまく攻略していきましょう!

商品情報

【オーダーメイド対応】DoubleGauze(ダブルガーゼ)

ダブルガーゼは汗を良く吸い保温力があるから「夜は暑いけど明け方は肌寒い…」時もしっかりサポートしてくれます。

【オーダーメイド対応】cotton knit(コットンニット)

ソフトでストレッチ性がある綿100%ニット素材を使用し、もっちりとした弾力のある肌触り。肌着のように優しく肌にフィットし、リラックスできます。

【オーダーメイド対応】フランスリネン100%

上質なフランス産リネン100%(本麻)を使用した柔らかでサラッとした清涼感たっぷりの肌触り!

【オーダーメイド対応】コットンパフ

綿100%約4mmの細かな起毛がギッシリ!滑らかな肌触り暖かさが心地いい


人気の記事